朝鮮 パチンコ なぜ

朝鮮 パチンコ なぜ

千年前、道具として作られ、果てに心を壊し、お父様を追い求め、『詠唱』を重ね、戦い続けた日々

 その全ての傷を労われ、慰められ、よく頑張ったと褒められ、どうしても瞳の奥が熱くなっていく

 ――泣きそうだ

 だけど、泣いてはいけない

 自分で言った通り、そんなことはないのだ

 いまの私は辛いとか悲しいとか言っていい立場じゃない

お父様を追い詰めて苦しめた自分が、そんなことを思っていい資格なんて絶対にない―― けれど、頭を撫でられるのが心地良すぎて、どこまでも視界が細くなっていく

あなたも好きかも:輪るピングドラム スロット フリーズ
いまにも完全に塞がりそうになる

あなたも好きかも:パチンコ に 勝つ に は
 あの命を懸けて手を伸ばしてくれたラスティアラが、あの腹を刺されても信じてくれたラスティアラが、あの私の家族と言ってくれたラスティアラが、私を撫でてくれている

 瞳の奥だけじゃない

お腹の底も熱い

なにより、私の心がぽかぽかして、ふわふわして、いいもので一杯に満たされている

 それは千年前にお父様の感情を代わりに背負ったときから、たった一度もなかった感情

 まずい

このままだと、私は……

私は……―― 駄目だ!!「と、とにかくっ、その魔法を試す価値はあると、わたくしは思います……! 正直、自信のない魔法ですが、たとえ何を失ってでも、その魔法に至ってみせます! 挑戦させてください!!」 撫でられるのを振り払い、私は叫ぶ