とある パチンコ キュインキュイン

とある パチンコ キュインキュイン

「それで、この神具がほしいらしいが・・・・・・」 剣を見せながら話をしようとしたサムエルだったが、向かいに座ったフローリアにすぐに止められた

「悪いが、私たちはそなたと交渉をしようとは考えていない

これと交換をしてもらえるか、もらえないかのどちらかだ」 フローリアはそう言って、シルヴィアを見た

 そしてシルヴィアは、女性が良く持っているようなバッグから拳大の石のような物を取り出した

 フローリアたちがどんな交渉をするのかと見守っていたカルメンだったが、シルヴィアが取り出した物を見て、思わず声を上げてしまった

「そ、それは!」 その声が思いのほか大きかったため、周囲のテーブルで聞き耳を立てていた他の冒険者たちの耳目も集めてしまった

あなたも好きかも:軍団 スロット
 そして、テーブルの上に乗る石を見て、カルメンと同じように驚きの声を上げる者が多く出た

 ただ、肝心のサムエルは、周囲の反応に首をかしげている

 それを確認したフローリアは、少し間をおいてからカルメンに言った

あなたも好きかも:愛知 スロット 特定日
どうやらサムエルはわかっていないようだから、説明してもらってもいいか? 私が言うよりも納得できるだろう?」「説明って、その前にこんなものを無造作にこんなところに・・・・・・まあ、いいか」 どうやらコリーだけではなく、目の前にいるふたりも当たり前の感覚を持ち合わせてはいないと理解したカルメンは、諦めたようにため息をついた

 カルメンは、ため息をついたあと呆れたような視線をサムエルに向けた

「・・・・・・あんたもね

冒険者をやっているんだったら、これが何かくらい知っておきなさいよ

・・・・・・これはね、魔鉱石の原石だよ」「なっ!?」 カルメンの言葉に、サムエルは両目を見開いて驚きをあらわにした

 現物を見ても何かわからなかったサムエルだが、当然のように魔鉱石が何かは知っている