パチンコ 海賊 団

パチンコ 海賊 団

加えてこの世界でも日本人の容姿は幼く見られがちなのだからこの世界の住人からすれば10歳程度の子供にしか見えないのである

「とりあえずゴブリンとレイダードッグを倒した経験はありますし問題はないかと」「へぇ

ああ、剣もそこそこみたいだね

なるほど」 お姉さんがカウンターから風音の得物をのぞき込むと頷いた

「まあいいか

必要事項を書く用紙を渡すけどお嬢ちゃん、文字を読み書きすることは出来るの?」 これは年齢如何というよりもこの世界の識字率が低いための確認だ

教会が開く日曜学校はあるが、それも出れる子供は限られるし、ある程度の年になれば親の仕事の手伝いを優先させることが多い

あなたも好きかも:江原ランドカジノ
「ええと

あなたも好きかも:マイセン バカラ
うん、大丈夫みたいだね」 受付のお姉さんの出した用紙を見ながら風音は応答する

あなたも好きかも:パチンコ 見極め
 理屈は分からないがこの世界の文字や言葉は日本語と同じように理解できた

「ここと、これと、カザネ…と」 名前はカザネ・ユイハマ

職業はとりあえず冒険者のまま

そのほかいくつかの確認事項はあったが書くのに大してさして時間はかからなかった

これでいいですか?」「うん、問題ないね」 そう言って受付のお姉さんが呪文を唱えると用紙がカードへと変質していった