ロイヤルランブル パチスロ

ロイヤルランブル パチスロ

あなたも好きかも:マクロス 3 スロット
 そして、十を超える英雄譚を語り終え、買い食いも同じ数を上回ったあたりで、ようやく、僕とラスティアラは自宅に戻った

もちろん、九属性の魔法については全く話ができなかった

 自宅に辿りついたあとは、皆疲れ果てていたのか、マリアもラスティアラもすぐに眠りについた

僕を含めた全員が、お祭りに満足し、頬を緩ませながら――◆◆◆◆◆ お祭りを楽しんだ翌朝

あなたも好きかも:パチンコ 赤羽 バイト
 リビングで朝食をとっていると、マリアが意を決した様子で迷宮への同行を願ってきた

「私も迷宮に行かせてください……!!」「え、え? マリアは家で食事を用意してくれるって話になったじゃないか」 僕は困惑した

 相談の末、ようやくマリアのポジションも落ち着いてきたのだ

あなたも好きかも:パチンコ ゆたか
ここで、またマリアが迷宮に関わろうとするのは予想外だった

「す、少しでいいんです

試させてください

私、この二日で強くなりましたから……」「強く?」 それは僕の見ていないところで修練していたということだろうか

つまり、マリアは迷宮探索を諦めていなかったことになる

 相変わらず、マリアの考えていることがわからない

女心は秋の空とはいえ、ここまで移り変わりが早いと全くついていけない

 僕が頭を悩ませていると、ラスティアラが後ろから小さく声をかける

「キリスト、マリアちゃんのスキルを見て――」 僕は言われるがままに『注視』する

【ステータス】 先天スキル:炯眼1.45 後天スキル:狩り0.67 料理1.08 火炎魔法(・・・・)1.00「か、火炎魔法……?」 マリアのスキルに『火炎魔法1.00』が増えていた