スロット 倉敷 爆サイ

スロット 倉敷 爆サイ

その背後関係などは知っているか

魔術師であればそう簡単には答えないようなことを康太は聞いた

依頼を受けた内容を話せば当然依頼主に危害が及ぶだろう

そして依頼主の情報を簡単に流すような魔術師に誰かがこれから望んで依頼をするとは思えない

あなたも好きかも:リオ 2 スロット
康太がこうして話を聞こうとしている行為は、魔術師たちの体と心、そして彼らが今まで持っていた信用そのものも壊しかねない危険なものなのだ

生半可なことでその話が聞けると思っていない康太からすれば、長丁場になるのは覚悟の上だった

だがそれでも、一秒でも早く話してくれと願いながら康太はその手に持った針を指先に突き立てていく

針治療のようにゆっくりと

だが刺す場所は適切なツボの位置などでは決してない

あなたも好きかも:百花 繚乱 スロット 天井 ゲーム数
むしろ神経が集中し、痛みを増す場所を狙って突き刺していた

布袋の下が涙と涎と鼻水で汚れながら、叫び続けて呼吸さえも満足にできないような状況でありながら、喉が裂けるのではないかと思えるほどに大声を上げながら、それでも魔術師は康太が求める言葉を言おうとはしなかった

なかなか強情だなと思いながら、康太は小さくため息をついてから片方の魔術師に小声で話しかける

そしてもう一人にも同じように話しかけた

康太に話しかけられた二人はわずかに足を震わせていた

康太が何を言ったのか、文と幸彦には聞き取れていなかったが、康太はこのようなことを二人に口にしたのだ

『お前たちは最初から生かしておくつもりはない

あの人に害を加えようとしたのだからその罪は死でしか贖えない