パチンコ リニューアルオープン 神奈川

パチンコ リニューアルオープン 神奈川

貴族院の休日です

やっとのことで自室にたどり着いた

あなたも好きかも:総付け景品 パチンコ
ベッドに魔石を置くように、と言われ、わたしはリヒャルダに言われるままに、ベッドに魔石を置いた

「こうしていても魔石に影響が出るかもしれませんから、気は進まないのですけれど……」 そう溜息交じりに言いながら、魔力を通さない手袋をはめたリヒャルダがてきぱきとわたしの服を脱がしていく

あなたも好きかも:パチンコ 緑ドン ビリースピンチャレンジ
 本来、お風呂に入るのは「神の意志」に魔力を流し終わった後らしいが、剥き出しの岩壁に寄り掛かって寝ていたわたしは、このままベッドに上がれる状態ではなかった

さすがにお風呂に入れるのは無理だとリヒャルダに言われたけれど、お湯で濡らしたタオルで拭いてもらうことはできてホッとする

「姫様、こちらを飲んでゆっくりとお休みくださいませ」 リヒャルダは神官長特製の激マズ薬を準備すると、少し下がってわたしが薬を飲むのをじっと待っていた

 身体強化の魔術具のおかげで、わたしの体は元気に動ける気がするけれど、寒気はひどいし、頭はぐらんぐらんしている

あなたも好きかも:麻雀ファイト倶楽部 パチンコ
完全に高熱が出ているのを自覚しつつ、できれば飲みたくない薬とリヒャルダを見比べた

 ……この体調で、優しさの欠片もない激マズ薬は飲みたくないなぁ

 全く味については考慮されていない神官長特製の激マズ薬を出されて、わたしが怯んでいると、リヒャルダは笑顔で目を三角にするという、実に器用な表情を作ってわたしを見つめる

「この季節に最奥の間のような洞窟で眠り込んでいれば、普通の者でも風邪を引きますし、下手をすれば、はるか高みへと昇っていくことになります

何でもないことで寝込む姫様ならば、今、こうして生きているのが不思議なくらいではありませんか!」「……ご心配をおかけいたしました」 城でわたしの虚弱さに一番慌てていたのはリヒャルダだ

 今回、なかなか戻って来ないわたしの心配をしたリヒャルダが、ヒルシュールを初めとした先生方に今までの虚弱さを暴露した

そのせいで、先生方の認識が、「神の意志」を取りに行って、疲れて休憩していた体力のない子という認識から、行き倒れて死にかけていた子になってしまったのだ

「さぁ、姫様

お飲みあそばせ」「はい……」 わたしはでろんとした緑の薬が入った瓶を片手で手に取って、勢いよく飲んだ

この薬を飲むのに躊躇ってはならない

一気に飲まなければ、苦しい時間が長引くだけだ