g1 優駿倶楽部 パチンコ 潜伏

g1 優駿倶楽部 パチンコ 潜伏

格好だけは空気を読まないのがルヴェリスという人物であり、彼のそういうところは嫌いではなかった

「なぜ、レコンドールから撤退したのだ」(やはり、その話ですか) カーラインは、煮えたぎる感情のぶつける先を探すかのように視線を巡らせるゲイルを眺めながら、胸中で嘆息を浮かべた

 カーラインたちがレコンドールから撤退し、サントレアに辿り着いたのは、つい先程のことだった

ゲイルたちがサントレアに辿り着いた数時間後のことであり、ゲイルとヌァルドは、驚きをもってカーラインたちを受け入れたことを覚えている

彼らとしては、カーラインたちが救援軍を撃破してくれるものと信じきっていたのかもしれない

あなたも好きかも:パチスロ サラリーマン 番長 動画
「あの状況、あれ以上戦えないと判断した」 答えたのは、ドレイクだ

このような追求の場面では、ドレイクの鉄面皮ほど役に立つものはなく、カーラインは沈黙し、口を挟まないことにしていた

ドレイクは、どのような場面でも動じることがない

自分に自信を持っているし、確信を抱いているからだ

あなたも好きかも:スロット テーブル
揺らぎようがないのだ

十三騎士の中で彼ほど自己を確立しているものは、フェイルリング・ザン=クリュースかオズフェルト・ザン=ウォードくらいしかいないのではないか

「我が方の戦力はおよそ二千五百

対し、敵は五千を越えており、なおかつ護るべき都市が陥落したのであれば、戦いようがない」「再度奪還すればよかったではないか!」「不可能だった」「不可能? よもや騎士団からそのような言葉を聞くとは思わなかったな!」「戦力差を考慮せよ