スロット 蒼天の拳3 ペナルティ

スロット 蒼天の拳3 ペナルティ

魔物は濡れないので頓着していないようだが、ネアは魔術師の手で素早く軒下に運び込まれた

「伺いを立てたから、水竜が門を作るようだよ

可愛く整えた髪の毛を濡らさないようにね」「魔術師さんはびしょ濡れですが」「水分を飛ばすからいいさ

君の場合、今、体を冷やして体調を悪くすると動けなくなりそうだ」「む

こう見えても結構頑丈なのです」「………そうかな、今は抵抗力低そうだけれどね」ネアを雨から庇う為にコートの裾を貸してくれたので、魔術師の髪は滴をしたたらせていた

あなたも好きかも:ヴァル ブレイブ パチンコ 評価
言葉通りその水分を魔術で払い、ふっと目を瞠ったネアに微笑みかける

しかしそれ以上は何も言わず、ネアもあえて追求しなかった

「ディノ、雨は大丈夫でしたか?」「私は大丈夫だよ

…………ネア?」「はい?」一瞬、ディノは不思議なものでも見るようにネアを見た

首を傾げて微笑めば困惑したように首を振ったが、何かを言いたげにこちらを見ている

あなたも好きかも:清瀬 パチスロ
だが、ディノが言葉を選ぶ前に、水竜の扉とやらが完成してしまった

あなたも好きかも:千葉駅 スロット
突然の雨に人気のなくなった裏通りに、水で象ったような見事な門が現れていた

材質が水のようで不安定にも感じてしまうが、ぱっと見たところ彫刻の細部にいたるまで再現された素晴らしい意匠の門である

アーチ状の門の内側には、瑠璃色の壁に金の着彩で見事な蓮の花の連続模様が描かれていた

「これが、扉ですか?」「そう

周囲の外壁に触れないようにした方がいいから、ほら」「魔術師さん、両手を広げられて一体どうしろと?」「君って、よりにもよってなところで転んだりしそうだから、持っていってあげよう」「お断りします」ぴしゃりと断ってから、ネアはすたすたと扉の方へ歩き始めた