塚口 パチンコ店

塚口 パチンコ店

『エーダリア様、私はこれからの生活の安全や安心を確保したいですし、ゆくゆくは、私が死ぬ時に私からのお願いとして、あの大事な魔物を頼みますねと言えるくらい、盤石な包囲網を設置したいのです!』『…………ネア』『それに、うちの狭量な魔物にドリーさんとの友情の邪魔をされた結果、深い理由は無くとも本能的に結構好きな方というのは、ウィリアムさんしか残っていません

あなたも好きかも:新開地 スロット イベント
人生の潤いとしても、仲良し度を深めてみせます!』『ネア?!』さすがに色々とまずいので、この会話までを魔物達に伝えることは出来なかったが、問題のないところまではこっそり伝えておこうと思った

(…………私の我が儘だな)思ってしまってから、エーダリアは妙なところで魔物と張り合ってしまった自分の浅はかさに恥じ入る

相手は魔物なのだ

人間をどう操作しようと、抗う術もないのが人間だと理解していた筈なのに

(しかし、……あの会話を聞いて、心穏やかでいられるだろうか)あの会話を聞いて、エーダリアがまず思ったのは、まるで死というものをあまりにも近しく感じているようだという懸念である

先程ディノも話していたが、ネアは己の死をあまりにもすぐそこに見ているのだ

(例え人間としての寿命ばかりだとしても、ネアは成人も出来ない魔術可動域なのだし、少なくともまだ三百年程度はあるだろうに……)あと数十年しか生きられないかのような焦り具合に、見ていて複雑な気持ちになってしまった

彼女が見立てている自分の不在は、ほんの先のことのようなのだ

それはまるで、朗らかに笑っている年下の友人が棺桶の準備をしているかのような、なんとも言えない焦燥感を覚える言動であった

あなたも好きかも:5g スロット シンボル
そんなものを見てしまえば、そんなことをさせないようにと苦言を呈したくもなる

「………それと、確認しておきたいのだが、ネアは咎竜の呪いの以降、特に命を削るようなものは授かっていないのだろうか?」「どうしてそんなことを聞くんだい?」「話しぶりを聞いていると、まるで自分などすぐ居なくなると考えているようなのだ」「………そうだよね

確かにそうなんだ

でも、あの子は今の所命を削るような要素は何も持っていない筈だよ」小さく頷いて、万象の魔物は憂鬱そうに目を伏せる

どうやらこの魔物も、その言動に悩まされたことがあるらしい

「……ネアって、魔術可動域低いから、肉体の消耗度は永遠の子供の区分だよね?」「ああ

あそこまで低いと、魔術で肉体を酷使しない分、寿命は魔術可動域の高位者と同じくらい長くなる」「…………ねぇ、シル

君の伴侶として得るものはともかくとして、それをあの子は知ってるのかな?」「成人出来ないことなどは説明してあるよ」「それで充分かなぁ?」「あの子は、割とすぐに自分でも調べてくるけれどね