スレイヤーズ パチンコ 設置店

スレイヤーズ パチンコ 設置店

「セラさんの足が速い! もう少しゆっくり行ってくれ!」「だってさ、セラちゃん

カナミが遅いからちょっとペース落としてあげて」 セラさんは自らの主に言われ、ようやく速度を落とす

 そして、こちらをちらりと見て「情けないやつだ」と言わんばかりに鼻を鳴らす

 大きな身体で四足歩行している獣と違って、こっちは二足歩行の人間だ

あなたも好きかも:パチンコ けつうき
どうしても、進む速度に差が出る

あなたも好きかも:一宮市 パチンコ 店 営業
なのに、お構いなしでセラさんは先へ進んでいくのだから、僕の負担だけがかさんでいく

 そもそも、二人乗りが限界と言うセラさんの言い分が嘘くさい

あなたも好きかも:広告規制 ぱちんこ
本当は女の子しか背中に乗せたくないだけのような気がする

そんな素振りが彼女にはある

「セラさん、本当に三人は乗せられないの……?」 僕の問いに、狼は即断で頷く

 その目から、僕を絶対に乗せないという意思を感じる

私情が入っているような気もするが、無理をさせて戦闘に支障が出ても困る

 仕方なく、足に力を込めて浅瀬の中を進むしかなかった