サイコパス スロット キープアウト

サイコパス スロット キープアウト

 ケイは笑って歩き出し、奥の部屋へ続くドアへと入っていった

「浦田さんっ」 すぐに私達を追ってくる渡瀬さん

 当たり前だが、すぐにからかわれたと気付いたらしい

あなたも好きかも:パチンコ アース線
 周りに彼女以外にいないのを確かめ、ケイが足を止める

「聞きたいなら、御剣君に聞けば」「そんな」「冗談だよ

確かにショウや御剣君は強くて、俺なんて相手にならない

あなたも好きかも:パチンコ 転落式 仕組み
それこそ、一発殴られればそれで終わる

あなたも好きかも:Lava Loca
だけど」 廊下の壁に背を持たれ、腕を組む

 彼が希に浮かべる

 またよく似合う、鋭さを帯びた笑顔

「隙のない人間なんていない

俺は、そこを付くだけだよ」「でも、やっぱり」「どうしても勝てないと思ったら、銃でもナイフでも使えばいい

卑怯でも何でも、勝ちは勝ち

メンツや体面にこだわるか、その危機を乗り越えるか

選ぶのは自分さ」 珍しく諭すような事を言うケイ

  渡瀬さんは当然、納得しがたい顔で彼を見る

「ユウみたいに真っ直ぐ行くか、俺みたいにひねくれるか

それも、渡瀬さんの自由

自分の場合は、間違いなくユウの方だけどね」「そうでしょうか」「ああ