本川越 ぱちんこ

本川越 ぱちんこ

あなたも好きかも:パチスロ 忍び魂 天井
「その謙虚さが必要だ」と言って「太公望の兵法書」を張良に授けたのです

この「太公望の兵法書」こそがのちの「武経七書」のひとつに列する『六韜』だとされています

あなたも好きかも:福島 市 パチンコ 店
 張良が現実の人物であることから、この短い物語は「謎の老人」のキャラから先に決めた「キャラ先」で作られたのは明らかです

 そこに現実の軍師・張良の才能を「当代の太公望」と評しました

実際に精強な楚軍と戦っても受け流し、大敗せずに後方支援の簫何(しょうか)からの増兵を待ち続けました

その甲斐あってついに数的有利を獲得し、楚の項羽を包囲できたのです

 ちなみに主君・劉邦が皇帝となった際、張良は隠居して仙人になったとされています

以降表舞台に立つことはなかったのです

 そう考えると、張良もひとクセあるキャラクターであり、じゅうぶん「キャラ先」と思われても無理からぬことだと思います

 なお、張良の字(あざな)は子房です

『三国志』において魏の参謀に加わった荀イクを、曹操は「我が子房よ」と最大級の賛辞を送ったことでも知られています

主人公と「対になる存在」は真逆ほどよい「キャラ先」のあらすじづくりで最も重要なのは「キャラの立ち具合」です

 キャラクターに魅力がなければ「キャラ先」にする意味がありません

あなたも好きかも:パチンコ シュミレーター 源さん
 どのようにしてキャラクターを立てるのか

それは「平均的なキャラから突出しているものをひとつは持っている」ようにします