パチスロ 新台エヴァンゲリオン

パチスロ 新台エヴァンゲリオン

 優樹は顔を歪めて息を詰まらせ、大粒の涙を零しながらドアを閉めると、洋一たちのいる医務室へと走った

 外にいた部活動生たちも校舎内に入ってきて、教師たちも入り乱れ混乱が生じてきている

「教室に入りなさい!!」と声を掛け、押し合いになる姿も

あなたも好きかも:パチンコ ちょだま 保証
 放課後の遅い時間ということもあって生徒の数は少ないが、それでも騒々しい

その中に突っ込み、掻き分けるように隙間を選びながら走り進んでいると、背後から「大島さん!!」と、戸惑う声で名前を呼ばれて振り返った

あなたも好きかも:パチスロ えー け ー びー 2
 部室を訪れた、という昨日の少年、小島だ

「大丈夫ですか!? さっき部室の方に行って部員の人と話したんですけどっ……!」 教室に逃げ込む部活動生たちに押され、足を止められず、妨げにならない廊下の壁まで抜け出したそこで互いの無事を確認しながら優樹は悲痛な表情で彼を見上げた

「みんな切られちゃって……! ……今もナイフ持った人とっ……!」 小島は目を見開いて険しさを露わにすると、涙を零して訴える優樹をそのまま放って走っていった

取り残された優樹は他の生徒たちに押されながら彼の背中を見送り、また医務室に向かい走った――

「優樹先輩っ……!!」 聞き取ることが出来ない程、ざわついた無数の声が飛び交っているが、はっきりと聞こえた名を呼ぶ声に、優樹は俯かせていた顔をゆっくりと上げ、元気のない表情で辺りを見回した

あなたも好きかも:バリバリ伝説 パチスロ
 慌てて来たのだろう、加奈から連絡をもらった鈴菜は締めるように巻いていたマフラーを解きながら人混みを抜け、壁際にぼんやりと立つ優樹たちの元に駆け寄って戸惑い見回した

「大丈夫ですかっ……?」 優樹と生美と華音と加奈、そして勝則と弥生が、行き交う人たちの邪魔にならないようにと固まっている

見た目、彼女たちに怪我はなさそうだが、生美と勝則は制服が所々赤く汚れいている

それを目で辿った鈴菜は悲しげに眉を寄せ、沈んだ表情でいる勝則を見上げた

「勝則君っ……怪我してるのっ?」「……オレのじゃないよ

……立花先輩のだから」 視線を落とした勝則から愕然と弥生に目を向けると、彼女は軽く息を吐いて首を振った