二のつく日 スロット 福岡

二のつく日 スロット 福岡

「……ん?知らないのか?彼は、万象の魔物だよ」「……万象

ディノからは、大まかに言えば理のようなものだと言われていたんです」「まぁ、間違ってはいないな

人間がどの程度理解出来るか考えて、そう言ったのかもしれない」生暖かい風が吹いた

あなたも好きかも:パチンコ 夢将軍
物だけではなく命が燃える匂いがして、ネアは顔を覆いたい衝動を必死にやり過ごす

ウィームは夜だったが、この国はまだ明るい

あなたも好きかも:カジノ 称号 pso2
時差的なものがあるのか、このような特殊な環境なのか

「ここは白夜の国だ

明るいが、もうすぐ夜明け前になるからまた明度が変わる」「白夜は、……生まれて初めて見ました」「暫くはこんな明るさが続く

慣れた方がいい」「………はい」それは、厳しい言葉だった

あなたも好きかも:パチンコ 甘デジ 当たらない
暫くはこのままだと落胆しかけて、ネアはそんな自分を叱咤した

先程まで、生き延びられるかすら危うかったのだ

ウィリアムに出会えた奇跡を感謝して、堅実に機会を繋ぐしかない

自分では何もせずに魔物達ばかりに頼るようでは、この苦境を乗り切れないかもしれない

(そもそも、ウィリアムさんはここから連れ出してくれるだけだった

どこかで放逐されたら、そこからどう身の安全を…)「傍に置くのもまずいが、目を離すのもどうだろうな……」独り言のような思考が聞こえてきて、ネアは必死に祈った

彼がディノの友人であれば、是非にこのまま保護者でいて欲しい

アルテアの襲撃の時とは違うのだ

ネアはもう、ずっと傍にいるとディノに約束してしまったのに

(だから、絶対に諦めたくないのに)そう考えて表情を引き締め直していると、頭の上で小さな苦笑の気配があった