北斗の拳打ち方 パチスロ

北斗の拳打ち方 パチスロ

「そっちはどう?」「まあ、ここに来るまで色々あって、最後に其方との対面だったからな

あなたも好きかも:パチスロ エウレカ3
ショックが大きすぎたのだろう

そんなに心配しなくてもすぐに目が覚める……お、目が覚めたか」 フローリアがそう言うのとほぼ同時に、フランカが目を覚まして周囲をきょろきょろとしだした

 それを同じようにみていたエトが、何とも言えない顔で見ている

 フランカが心配なのは確かだが、仮にも奴隷になっている自分が、勝手なことをしていいのかと悩んでいるのだ

あなたも好きかも:パチンコ 誰が 打っ て も 同じ
 それを確認した考助は、助け舟を出すようにエトに言った

あなたも好きかも:モッピー カジノ 攻略
「フローリアが大丈夫だと言っているから大丈夫だと思うけれど・・・・・・安心させてあげたら?」 だが、考助のその気遣いは、結局無駄に終わった

 先ほどまでの状況を思い出したフランカが、エトと同じように勢いよく立ち上がっていきなり頭を下げたのである

「もも、申し訳ございませんでした! このような無作法を・・・・・・!」 その様子を見て安心だと判断したのか、エトも同じく頭を下げる

 夫婦の様子を見た考助は、こめかみに手を当ててフローリアを見た

 このまま自分が話をしても進まないと判断したのだ

 そして、その意図を正確に読み取ったフローリアは、エトとフランカを見て言った

「いきなりのことで驚いたかも知れないが、とりあえず落ち着いてくれないか? そうしないと話が進まないのだが」「は、はい

申し訳ありません・・・・・・」 どうにか落ち着こうとしたエトが、そう言いながらフローリアに向かって頭を下げかけて、ふと何かを思い出すような顔になった

「・・・・・・あっ! そ、そうか! 貴方が、ラゼクアマミヤの初代女王です・・・・・・ございますか!?」「ひうっ!?」 夫(エト)の言葉に、フランカがもう一度気絶しそうなほど驚いていた

 幸いにして、もう一度倒れるようなことはなかったが、檻の中に入れられて多くの人に囲まれているような状態になってしまった

 フランカのその様子を確認したフローリアは、大きくため息をつきながらエトに言った