リング スロット 呪いの7日間 モード

リング スロット 呪いの7日間 モード

だれも俺に敵うわけがないのだ

おまえが負けるのも当然だ」 まさに自画自賛とでもいうべき声に、セツナは目を細めた

声の主は、竜ではないらしい

黒き矛の意思ではあるようだが

あなたも好きかも:パチンコ トイレ行けない
 上体を起こすと、やはりというかなんというべきか、前方にそれはいた

あなたも好きかも:カジノ カクテル
それは、人間の姿をしている

灰色の世界で、それだけが浮いている

真っ黒な人物

黒い髪に、全身黒ずくめで、まるでセツナを真似ているような、そんな風に思えたのは、きっと思い過ごしなどではあるまい

 灰色の世界で浮いているのは、黒髪だけではない

赤い目もまた、この夢と現の狭間にあって、不思議なほどにあざやかに輝いていた

黒い竜と同じ目

ただし、人間を模しているためか、無数の目を持っているわけではない

目はふたつ

鼻も口もひとつ

人間そのものに見える

 いつか見た姿だ

「だが、俺が俺に負けるのは、道理としておかしくないか?」 黒い男は、こちらの視線に気づいたのだろう

静かに問いかけてきた