パチスロ 美ラメキ!

パチスロ 美ラメキ!

「フリーダと仲良くしてくれてありがとう

ここ数日、とても楽しそうで、笑顔が増えたの

母としてお礼を言いたいわ」「こ、こちらこそ……」 お礼を言おうと思ったら、兄達二人がグイッと顔を寄せてくる

 お願い! 返事する隙間くらい与えてください! って、顔近い! 顔近い! 声に出せないくらいのパニック状態で、目を白黒させながら固まっているわたしを兄達は遠慮なく突いたり、頭を撫でまわしたりする

「へぇ、これがマインか

あなたも好きかも:闇 鍋 スロット snowman
話ばかりは聞いていたけど、本当にいたのか

作り話じゃなかったんだな」「もう何日もいたはずなのに、初めてみるんだもんな? マイン、口がパクパクしてるぞ?」 本当にいたのかって、わたしは遭遇率の低いレアモンスターか!? 珍獣か!?「お兄様方、そろそろ時間でしょう? 下に行きましょう

マインを離してあげて」 もみくちゃにされるわたしに救いの手を差し伸べてくれたのは、フリーダだった

今日は本当に女神に見える

「そうそう

あなたも好きかも:クレマン パチスロ
遅れちゃ大変だし、早く行った方が良いですよ?」 わたしがじりじりと後退していると、兄の一人が右腕をガシッとつかむ

もう一人が即座に左手をつかんだ

あなたも好きかも:パチスロ アクロス 新台
「マインも一緒に行こうよ

フリーダの洗礼式を祝ってやって」「いえ、わたしはここで……」「我が家の客だし、一緒に行っても問題ないよ」「そうそう、お祝いは人数がいた方が楽しいからな」 捕獲されたわたしは、両脇を抱えられながら、ぶるぶると首を振ったが、強引な家族は断り文句を聞いていない

 これは血!? ギルド長の一族は人の話を聞かない遺伝子でも持ってるの!? わたしの心中などお構いなしで微笑ましげに周りが見守る中、フリーダだけが溜息を吐いて、兄達を諫めてくれた

「お兄様方、構いすぎたら体調を崩すと、わたくしの時も叱られたのでしょう? 同じ身食いのマインにも構いすぎないで

ご家族が午後には迎えに来るのに、熱を出したり、倒れたりしたら困るもの」「でも、せっかくだから、仲良くなりたいじゃないか」「マインはまだ体調が良くはないから、この部屋の窓から洗礼式を見ることになっているの

外には出られないのよ

本当はマインだって外に出たいのに……」 身食いのせいで、いつ倒れるかわからなくて外に出ることができず、窓から羨ましそうに外を見ていた昔のフリーダを思い出したらしい