パチンコ 茨城

パチンコ 茨城

だが今の康太は自分の体の動きを魔術で操っている

普段のような精密かつ機敏な反応はできない

勝機はあると、文は自分を追って接近してきている康太をにらみ、身体能力強化を発動しながら踏み込む

康太は掌底を、文が全力で拳を振りぬく瞬間、康太の顔に文の拳が届こうとすると拳の前に小さな障壁が作り出される

それは文が作り出したものではなかった

あなたも好きかも:パチンコ garo 月虹ノ旅人 天井
文がしまったと思った時にはもう遅かった

文の拳がわざと脆く作られた障壁に亀裂を入れ、砕いた瞬間に、その障壁は刃と化しその拳を傷つけていく

とっさに文もその体を守ろうとしたが遅かった

その肌を切り裂きながら、文の拳は康太の顔に命中した

あなたも好きかも:埼玉 久喜 パチンコ イベント
だがその威力を削られ、なおかつ康太の掌底は文の体に命中しその体を後方へと弾き飛ばしていく

「ど・・・うだよ・・・!びっく、り、させてや・・・ったぜ・・・!」「・・・あぁ・・・!もう・・・!本当に度肝を抜かれたわよ・・・完全にしてやられたわ・・・!むかつく!」康太の体を止めても動くとなれば意識を刈り取りに来る

康太はそれを読んだうえで炸裂障壁の魔術を自らの顔の前に作り出した

文の拳でも壊れるほどのもろさの障壁だったためか、その障壁の威力自体はさしたるものではない

あるいは康太が意図的に威力を抑えたのかもしれないが、それでも文の右拳は血を滴らせていた