ガラス バカラ

ガラス バカラ

なお正体を明かすタイミングは現在協議中である

あなたも好きかも:ダイアナ パチンコ 摂津富田
「ええと、こっちの道でいいんだよね」 風音が指さす先、やや遠目に大きな建物が見える

若い頃は余もこの道を通って、大学に通ったものよな』「通ってたの?」『まあ当時はこのディアサウスを拠点にしておったし得るべき知識は多い方が良いのでな

あなたも好きかも:パチンコ 5万 当たりなし
ジンライやルイーズと出逢ったのもこの街であったよ』「そうなんだ」 ジンライはこの国の出身で、ルイーズはこの国の王様の愛人だったそうだし、メフィルスの言葉は「なるほど」というものだった

『そして大学に通っていたときにともに学んでいたのが、これから会うマーベリットよ』 そのメフィルスの言葉にエミリィが目を丸くする

「え、風音たちはマーベリット師匠に用があるの?」 今度はそのエミリィの反応に風音が驚いたが、会話の中にあった『師匠』という言葉からすぐにエミリィが目を丸くした意味が把握できた

「名前は私も初めて聞いたんだけど、師匠ってことはエミリィの魔道弓の師匠がマーベリットさんなの?」 風音の質問にエミリィが頷いた

あなたも好きかも:スロット クレア2 設定判別
でも師匠は確か宮廷建築家で……ああ、そうか

もしかしてゴーレムコテージの?」「そうそう……って、言ってなかったっけ?」 風音が首を傾げるが、少なくともエミリィの記憶の中では大学に行く用事があるとまでしか認識していなかった

『ま、大学の話をしたのはシロディエに着く前であったしの』 メフィルスの言葉に風音も「そういえばそうだったっけ」と返す

正確には昨日の病室でコテージの調整について話をしているのだがエミリィはゴーレム方面の話だと思って聞き流していた

「んー、でもお爺ちゃんはマーベリットさんのこと、気付いてたんじゃないの」『そりゃ建築家で魔道弓使いなんて、そんなにはおらんしな』「それならそれで……ん?」 何か言い掛けた風音だったが、途中で突然あらぬ方を向いた

その顔の緊迫感にメフィルスとエミリィが不審な顔をするが、その後すぐに何かが激突する音が響き渡った

 周辺の道歩く人も驚いて風音の向いた方向に視線を向けるが、どうやら目の前の建物を越えた隣の通りで何かが起きているようだった

「なに?」 エミリィが驚いた表情でそう口にしたが、風音は一言「血の臭いがするね」と言って、音のした方へと走っていった

遅れてエミリィも風音の後を追う

 そして風音たちがその現場にたどり着くと、そこには移送用だったと思われる鉄板で覆われた馬車と馬が民家に激突して横に倒れていた