パチンコ ゲゲゲの鬼太郎

パチンコ ゲゲゲの鬼太郎

貫くような視線を浴び、藤川はグッと奥歯を噛み締めて顔を紅潮させると、体を打ち振るわせながらもゆっくりと頭を下げた

「……、すみ……ま、せん……でした……」 震える声に、みんなは「よしっ!!」と、勝ち誇ったように笑みを浮かべ、反町は小さく息を吐き出した

「この話しは全て学園長に話してあります

あなたも好きかも:ブラックジャック スタンドとは
自ら潔くここを出ていくか、それとも、みんなからの蔑みの中で追い出されるか、好きな方を選べばいいでしょう」 教師たちは力無く息を吐き出すと、「……学園長の元に行きましょう」と藤川教師を促す

彼はそのまま、顔を上げることも出来ずに背中を丸め、教師たちに連れられてそこを出ていった

 残った原田は「……はあ」とガックリ項垂れてため息を吐き、顔を上げると、俯いている優樹を窺った

「……コレはどうするんだ?」 ピラピラと封筒をちらつかせると、優樹はためらって苦笑している担任を見上げ、その視線を落とした

どうもこうも……、自分がやってしまったことは許されることじゃない

それはわかっている――

あなたも好きかも:群馬 スロット イベント規制
 だが、洋一はそこに近寄ると原田の手から封筒を奪い取り、半分に破いた

「こんなの、許せるかってーの」 そのまま重ねて破く洋一を見上げ、優樹は鼻の頭を赤くして少し目に涙を浮かべた

「ねぇ優樹のセンセェーイっ

優樹のこと許してくれるよねぇっ?」 華音が笑顔で原田にすり寄ると、「そりゃ優樹の担任だぜー? かわいい教え子はきっちり守ってくれるだろーっ? なっ、センセっ?」 と、白川がノートパソコンを直しながら相槌を問い、「やっぱりなー

あなたも好きかも:パチンコ 消えたルパン
そう思ぉたわ

さすが優樹のセンセェやな

よぉ優樹のこと理解しとぉる」 と、一平が腕を組み「うんうん」と頷く

「優樹先輩が無事ならオレも安心!! やっと落ち着いて昼寝が出来る!!」 ニコニコ顔の相川に、「授業が受けられる、だろ」と勝則が呆れ顔で注意した

 騒々しい彼らに囲まれて、原田は「……ったく」とため息を吐いた