5 の つく 日 パチスロ

5 の つく 日 パチスロ

「……? ライ?」「ん? ああいや、エラトマ……魔王が話し掛けてきたんだ

取り敢えず先に進むか」「うん」 ついエラトマと言ってしまう

別に構わないが、レイたちに地獄の事を教えたとはいえ逆にエラトマ呼びは慣れていないので魔王と訂正した

 兎にも角にも、先ずは末端の場所から街か村のある場所まで先を急ぐ事が優先だ

 ライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤンの五人は人の居る所にまで向かうのだった

あなたも好きかも:スロット アメイジング・スパイダーマン
*****「それで……この方法にしたの?」「ああ

見つかりにくくはなっているだろ?」「何か……逆に目立つような……」 ライたちは今、魔術からなる荷台の中に隠れていた

あなたも好きかも:菅義偉 パチンコ
馬などは居ないので荷台を引いているのはレイとリヤンだが、あまりにも安直な作戦にレイとリヤンは苦笑を浮かべていた

 荷台は街を行き来しているが、荷台だけを引いている者は居ない

レイとリヤンくらいなので逆に目立たないか不安だった

 因みに時刻は夕刻

街までの距離は後数キロ程だが、本当に誤魔化せるのか不安だった

兎に角不安だった

「そろそろ街だけど……大丈夫かな……」「すっかり日も暮れたね……」 そこから数十分

レイとリヤンの引く荷台は魔物の国に繋がる国境から人間の国の街に入っていった

魔物の国に近いこの街には当然見張りがおり、レイとリヤンの様子を訝しげな表情で睨んでいる

 そして予想通り、二人は見張りの者に止められた

「オイ、貴様ら

この方向は魔物の国に通ずる道……何故その方向から来た? 今日は誰も"魔の森"に行っていない筈だが……」(魔の森……) 魔の森