ゲーム機 開発機

ゲーム機 開発機

 養父様の言葉にわたしは少し視線を逸らす

グルトリスハイトを作って王族と交渉するのは、世間一般では無茶に入ると思うのだ

「其方等、何を企んでいる?」「アウブ・エーレンフェストは今回の戦いにおける損害の計算を早急にお願いします

領主会議での重要な議題になりますから」 フェルディナンドは養父様の疑問には答えずに笑顔で流しつつ、ハンネローレ達を急かして転移陣を動かす

やっぱり無茶なことをするという自覚はフェルディナンドにもあるようだ

あなたも好きかも:今 の パチンコ は 勝て ない
「説明しろ」という養父様の声を無視して、フェルディナンドが「早く」とわたしを急かせる

「ネンリュッセル ビンデバルト」 養父様の追求から逃げるようにしてビンデバルトに到着すると、シュトラールを始め、ダンケルフェルガーの騎士達が勢揃いしていた

「アウブ・アーレンスバッハ、フェルディナンド様

おかえりなさいませ

あなたも好きかも:パチンコ屋閉店コロナ
お待ちしていました」 シュトラールの挨拶には非常に実感が籠っている

話を聞いてみれば、ビンデバルトの夏の館に準備されていたお酒や食料の類はダンケルフェルガーの騎士達によって食い尽くされ、飲みつくされたようだ

そして、今日は朝からいくつかの班に分かれてディッター大会だったらしい

あなたも好きかも:軍団 スロット
付き合わされたアーレンスバッハの騎士達は疲れが隠せないような顔をしているが、ダンケルフェルガーの騎士達は元気そのものだ

基礎体力に大きな違いがありそうである

「これからダンケルフェルガーの境界門へ転移させていく」「はっ!」 転移陣に乗れるのは最大でも三十人くらいである

わたしは自分の護衛騎士と一緒にダンケルフェルガーの騎士達を転移陣で境界門へ送り始めた