パチンコ ジーグ

パチンコ ジーグ

「あ、ここにいた

ねえねえドラゴン(ドラッヘ)、シュタージの予算の件なんだけど―――――――」 聞き覚えのある声だなと思いながら顔を上げた途端、部屋に入ってきた少女と目が合った

「「あっ」」 あ、あれ…………?  ちょっと待て、何でお前がここにいるの…………?「き、君…………もしかして、アルフォンス…………?」 ああ、やっぱりな

 何でここで再会する羽目になったのだろうか

額の冷や汗を指先で拭い去りながら、幼少期の頃の事を思い出す

 公園で遊んでいた時、何度も俺をいじめっ子から救ってくれた女の子

それから一緒に遊ぶことが多くなり、俺がオーストリアに引っ越すまでずっと遊び相手だった幼馴染

 目の前に現れた金髪の少女は、まさに公園で一緒に遊んでいた幼馴染だったのだ

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 7セグ
「く―――――――クーちゃん?」

スプーンに乗せたカレーライスを口へと運びながら、目の前に不機嫌そうな表情を浮かべながら座っている友人の顔色を窺う

頬杖をつきながら水の入ったコップを口へと運んで溜息をついた彼と目が合わないよう、慌てて半分ほど食べたカレーライスを見下ろしながら、カレールウの中に沈んでいるハーピーの肉を口へと運んだ

 クランの彼氏(ケーター)がこんな表情を浮かべるようになったのは、数日前に起こったブレスト要塞の一件からだろう

あなたも好きかも:ハーデス 3万枚
 フランセン共和国騎士団の連中が相当する筈だった魔物を逃がしたことが原因で、逃走した魔物たちが建設中だったブレスト要塞に殺到した事件