スロット モンキー ターン 2 朝一

スロット モンキー ターン 2 朝一

我々の作戦目的は、ネア・ガンディア軍の撃退だ

殲滅ではない

そのことを留意されたし」「それで、どうやって撃退すると?」「ネア・ガンディアも、軍隊である以上、指揮官を叩き、指揮系統が乱れれば、戦線の維持も難しくなる

しかも、奴らはこの地に根を張っているわけではない

指揮官を叩くことさえできれば、この島からの全軍撤退もありうる」「撤退しなかった場合は?」「指揮官さえ叩けば、指揮系統に乱れが生じるのは、軍隊である以上必然

あなたも好きかも:ぱちんこ ウルトラセブン2 light version
その機を逃さず大打撃を与えれば、我が方に勝ちの目は十分にある」 逆をいえば、それ以外に勝ち筋はないということだ

 ネア・ガンディアがザルワーン島に投入した戦力というのは、完全に把握できてはいない

超巨大方舟と一柱以上の神、それに指揮官以外には、帝国軍が一万と予想する兵力であり、それに加え、マルウェールの神人数万が主力と見ていいだろう

とても、正面からぶつかって戦える相手ではない

「問題は、どうやって指揮官を叩くかだが」「それについては、セツナ殿に一任している

我々は、敵軍の地上戦力を相手に戦い、少しでも敵戦力を削ることに注力すればいい

あとは、セツナ殿がやってくれる」 エリルアルムがセツナに全幅の信頼を寄せてくれていることが素直に嬉しかった

エリルアルムは、セツナの勝利に対し、一切の疑念を抱いていない

あなたも好きかも:トータルイクリプス パチンコ
エリルアルムとセツナの付き合いは決して長くはない

彼女の中でいつの間にそれほどの信頼対象になっていたのかはわからないが、その信頼を裏切るつもりなど、当然なかった

「ふむ……それ以上の良策はないか」「しかし、ネア・ガンディアには神がついているそうですが……勝てるのでしょうか?」「勝たねばならんのだ」 ユーラの弱音を、エリルアルムは、ただの一言で握りつぶした