えなれ スロット

えなれ スロット

それなら俺もお前達に一回ずつ攻撃を当てなくちゃいけないからな」「成る程な

そんな感じで仕掛けていたのかよ……!」 魔王が各個にこだわる理由、それは先程の俺達が各個で攻撃を与えたから

あなたも好きかも:石川県 パチンコ 一番
だからこそ平等を遂行する為、自《みずか》ら俺達に一回ずつ与えようという魂胆のようだ

 本当、この魔王は生涯の全てを独自ルールのゲームに費《つい》やすつもりか

この世界はゲームだけど、そんなゲームは俺の理想じゃないな

「という訳で、アンタはまた次のターンだ」「……!」 二つの剣をそのまま持ち上げ、俺の身体を放り投げる

これもダメージにはなったが、少ない体力でも耐えられる程度のもの

本当に自分のターンが来るまでは殺さないつもりか

あなたも好きかも:パチンコ 欠損 期
「“サンダーボルト”!」「“竜拳”!」「“火炎の矢”」「遅い」「「「…………!」」」 俺が抑えた一瞬の隙も見逃さずに仕掛けたユメ達だが、魔王の方が何枚も上手《うわて》

三人の絶妙な間隔の位置へと移動し、次の瞬間に殴り抜いて三人の身体を別々の方向へと吹き飛ばした

「“漆黒戦槍”ォ!」「“剣弾丸”」「あ、“アクアランス”!」「遅いな」「……ッ! 何言(つ)ー速さだ……!」「伊達じゃないって訳かな……!」「きゃ……!」 シャドウ、フラッシュ、怯えるダークネスが仕掛け、またもや躱《かわ》され、次の瞬間に打ち込まれる

 三人の身体も吹き飛ばされ、このターンは一人に委ねられた

「最後はアンタだな

この中では比較的強そうな」「レベルって概念は無いのに、僕達の実力は理解しているんだね」 踏み込み、拳を振り上げて加速

このターンの〆を飾るシャインも拳を構えて魔力を込め、魔王の姿を捉えた

「終わりだ!」「──奥の手・“爆裂拳”!」 魔王の拳に対し、必殺スキルを使用

二つの拳が衝突して爆発が起こり、そこを中心に黒い部屋の一角が吹き飛んだ

 対するシャインは吹き飛ばず、魔王も向き合うまま

次の瞬間、そこから更に連鎖して爆発が巻き起こる