庵 カジノ

庵 カジノ

そして、思案するような顔になる

セツナが嘆息すると、ニナがくすりと笑ったような気がしたが、目を向けるといつもの鉄面皮だった

 ドルカが、口を開く

あなたも好きかも:g1ダービー スロット 馬
「俺がいいたいのはですな、ガンディアが発展すれば、俺ももっと上に行けるんじゃないかってことです

たぶん、そういうことですよ、うん」 自信もなさ気な答えに、セツナは生返事を浮かべるしかない

あなたも好きかも:助六 パチンコ フリー
「はあ」「ですから、カミヤ殿にはこれからも粉骨砕身頑張って頂きたく存じます」「いやまあ、やることをやるだけですけど」「それは我々も同じ

やることをやって、栄達を掴み取る

そのための踏み台になってもらいます」 ドルカはにやりと笑ったが、言葉に反して、表情にも声音にも悪意はなかった

むしろ爽やかな風が吹き抜けるようだった

悪い男ではない

第一印象の軽薄さは、自分の本心を隠すための仮面であり、本当のところは野心にあふれた人物なのかもしれない

そして、彼の歯に衣着せぬ物言いは、セツナには好印象だった

自分にはできないことだからだろう

「できるものなら、やってみてください」 セツナがいうと、彼は呆気に取られたのか、目を丸くした

 セツナはふたりに毛布のお礼をして、その場をあとにした

背後から笑い声が聞こえてきたが、それはどういう意味での笑いだったのだろう

気にはなったが、確かめに戻る気にはなれなかった

毛布が濡れる前に戻ろう