マリーナ ベイ サンズ カジノ 換金

マリーナ ベイ サンズ カジノ 換金

「……なら僕は、いまからあなたの夢も誓いも潰します

何もかも壊します

……とにかく、気に入らないんです」「……へえ」 シッダルクさんはそれを嬉しそうに受け止めた

あなたも好きかも:埼玉 ガーデン パチンコ
 その余裕が気に障る

「……あなたじゃ僕に絶対勝てません」「ふ――、ふふっ、はははははははっ!!」 シッダルクさんは笑った

 その唐突な笑みの理由が僕にはわからない

 顔を顰(しか)めて、いぶかしんでいると、その理由を彼は答えてくれた

「やっと……、やっと本気になってくれたな……! パリンクロンの選んだ『英雄(・・)』……!!」 その理由の中には、いま最も聞きたくない言葉が含まれていた

あなたも好きかも:オンラインゲーム 録画
 この数日間、僕をずっと苦しめている単語

 『英雄』

「ああ、これでいい……! これで君に勝てば、僕は『英雄(・・)』に(・)――!」 それを境に、僕は平静を失う

あなたも好きかも:大和駅 駐車場 無料 パチンコ
 ぷつりと僕の正気を保っていた何かが切れる

「――また(・・)! またそれかっ! おまえも(・・・・)『英雄』に憧れてるのかよ!!」 何の飾りもなく、僕は本音を叫ぶ

 まさしく、彼の言うとおり、やっと僕は本気になっている

 本気で自分の言いたいことを、考えもなく吐き出していく

「……ああ、貴族の騎士たちはみんなそうさ

僕は君を倒し、『英雄』になり、スノウを花嫁に迎えよう!」「イライラする! そういうのが嫌なんだ! 貴族(おまえたち)のそういうところが、本当に嫌いなんだ!!」 今日までの鬱憤を全て言葉に変えて、叫び続ける

「家のためとか、国の利権とか、富や名声とか!! そういうのはもう飽き飽きだ! 忌々しいっ、面倒くさいっ!!」 人の自由を奪おうとする束縛的な考え方の全てが気に入らない

 そのせいで、僕の仲間たちはみんなおかしくなった