sim スロット 修理 料金

sim スロット 修理 料金

それを何度も何度も繰り返しているうちに、僕の意識は薄らいでいった

僕が望んだ通りに

あなたも好きかも:板橋区 スロット
僕が忌避していた通りに——

目が覚めたのは何時だろう

布団の中でひたすら蹲って、もうどれだけ経ったかも分からない

外はもう明るいだろうか

まだ、暗いだろうか

とっくに暗くなってくれてなどいないだろうか

「……四時……か」 手だけを布団から出して拾い上げたスマホの画面に小さく表示される4:13という数字に、一層気分が重くなる

今日はどうしてもやらなくてはいけないという事柄すら無い

何も手に付かず、かといって何かを強要して貰うことも出来ず

あなたも好きかも:大口 パチンコ 愛知
ただ時間が過ぎるのを、布団の中で待ち続けるだけの一日

それだけは避けなければいけないと使命感に駆られるものの、どうやっても体は動かない

少し前まではこれが普通だったのだと思うと、頭が痛くなる

 流石に空腹に耐えかねたのは、昼過ぎになってからだった