クアラルンプール カジノ

クアラルンプール カジノ

ディートル将軍麾下の諸隊はモラルの家南東側に並んで展開し、フジューとロアニの仏軍と至近(7、800m)で対峙するのです

 正午を過ぎると、ここが正念場と心得たシャンジー将軍やジョーレギベリ提督は、疲弊の見え始めた自軍将兵らを叱咤激励し、その散兵線からは更に激しい銃砲撃が独軍前線へ注がれますが、特にB第1師団は良く耐えて後退せず、ただB第4旅団の最左翼にあってロワニの仏軍と銃撃戦を交わしていた3個大隊が長時間の戦闘で弾薬を切らせ、シャトー・ドゥ・グリー内部へ一時後退しました

 仏ブルディヨン旅団はこの機会を捉えて砲兵の援護射撃の下グリー城館目がけて耕作地を突進しましたが、グリー城館にはB第4旅団将兵が集合しており、近距離から猛烈な一斉射撃を被った仏軍が浮足立った時、その右翼(東)側から新たな普軍部隊が攻撃して来たのです

☆ 普第17師団のリュモー防御戦※12月2日・普第17師団の戦闘序列(正規序列は『独メクレンブルク=シュヴェリーン大公軍のペルシュ地方進撃(前)』を参照下さい)◇師団前衛支隊 ルドルフ・カール・ハインリッヒ・エンゲルハルト・フォン・マントイフェル大佐(第34旅団長)○普擲弾兵第89「メクレンブルク」連隊・第1大隊(1個中隊欠)○普フュージリア第90「メクレンブルク」連隊・第1、3大隊○普猟兵第14「メクレンブルク」大隊○普竜騎兵第18「メクレンブルク第2」連隊・第3中隊○普槍騎兵第11「ブランデンブルク第2」連隊・第2中隊○普野戦砲兵第9「シュレスヴィヒ=ホルシュタイン」連隊・軽砲第5、重砲第5中隊○北独第9軍団工兵・第1中隊◇本隊 男爵フーゴ・カール・エルンスト・フォン・コトヴィッツ少将(第33旅団長)○普第75「ハンザ第1/ブレーメン」連隊・第1、2、F大隊(1個中隊欠)○普第76「ハンザ第2/ハンブルク」連隊・第1、2、F大隊(1個中隊欠)○普槍騎兵第11連隊・第4中隊○普野戦砲兵第9連隊・軽砲第6、重砲第6中隊◇師団騎兵 アウグスト・パウル・フォン・カールデン大佐(竜騎兵第17連隊長)○普竜騎兵第17「メクレンブルク第1」連隊・第1,2,3,4中隊○普野戦砲兵第9連隊・騎砲兵第1中隊(1個小隊欠)、同騎砲兵第3中隊※師団所属で本会戦に参加しなかった諸隊*ル・マン地方の北部から本隊合流に向けて行軍中の支隊○普擲弾兵第89連隊・第2、3大隊○普槍騎兵第11連隊・第1,3中隊○普竜騎兵第18連隊・第1,2,4中隊○普野戦砲兵第9連隊・騎砲兵第1中隊の1個小隊(2門)*ナンシー西方のトゥール要塞から本隊合流に向けて行軍中○普フュージリア第90連隊・第2大隊*ジャンヴィル(トゥーリーの西北西4キロ)残留○普擲弾兵第89連隊・第2中隊*弾薬縦列と糧食縦列、輜重の護衛○普第75連隊・第4中隊○普第76連隊・第9中隊リュモー郊外で戦う普第76連隊フュージリア大隊とフォン・コトヴィッツ将軍(部分) この日普第17師団は午前8時頃、サンティリー付近で受領した大公軍命令によってまずは西へバゾッシュ=レ=ゾット(サンティリーの西5.4キロ)を経由し、この地から南下してリュモーへ至るべく前進を開始しました

 行軍間もなく南西方向から砲声が轟き、師団の騎砲兵2個中隊(10門)は竜騎兵第17連隊第3中隊の援護により砲声の方向へ急進し、午前10時頃、リュモーの北側でシャトー・ドゥ・グリー付近の戦闘に参与し始めました

更に先行し戦場を確認した前衛の竜騎兵中隊は、帰還すると「強力な仏軍部隊がリュモーとベニョーに向かって前進中」と報告し、師団長のトレスコウ中将は前衛の普猟兵第14大隊に対し「東方より普第22師団がやって来るまで死守せよ」とベニョーへ進ませ、前衛の残りは急ぎリュモーへ進みました

 これは正に普仏どちらが先にリュモーへ到達するかの競争となりますが、最初にこの部落へ到達したのは普フュージリア第90連隊の第1大隊で、急ぎ部落内で戦闘態勢を取ると、すぐさま部落の南端に散兵線を展開、部落の直前まで接近していた仏モランディ師団の前衛と激しい銃撃戦となりました

しかしこれは部落の遮蔽にあった普軍側有利に展開し、仏軍部隊は間もなく退却したのです

あなたも好きかも:パチンコ 台 裏側 名称
 B軍に代わって普軍部隊が参戦したことを知ったモランディ准将は、ベニョーへの前進を一時中止し、リュモーの敵と全力で対決するためドマンヴィル(リュモーの南南東1.9キロ)とヌヴィリエ(同南西1.8キロ)の間に散兵線を展開させ、更に歩兵の援護下に砲兵を展開させるとリュモーただ一点に絞って榴弾砲撃を開始させたのです

 対するトレスコウ将軍も師団砲兵4個中隊をリュモー近郊まで進めると、モランディ師団砲兵と対決するのでした

あなたも好きかも:ぱちんこ ソルジャー
やがてこの砲撃戦には、シャトー・ドゥ・グレー近郊のB軍砲兵も加わるのです

 この時、普擲弾兵第89連隊の第1大隊は砲兵援護のためにリュモー北郊の庭園内に展開し、付近には普フュージリア第90連隊の第3大隊がリュモー守備の予備として待機しました

あなたも好きかも:パラダイスシティ カジノ vip
同時に普竜騎兵第17連隊の3個中隊は師団左翼(東)外を警戒するのです

※リュモーの砲撃戦・独軍側参加部隊*リュモー東郊外・普軽砲第5中隊*リュモー西郊外・普軽砲第6中隊・普重砲第5,6中隊*シャトー・ドゥ・グリー付近・B砲3連/重砲第5,6中隊・B砲1連/軽砲第4中隊 仏モランディ師団は30分間に渡って激しい砲撃を行った後、重厚な歩兵数個縦隊によってリュモーを攻撃しました

その先頭散兵群は部落直前まで迫るものの、普軍砲兵による至近距離からの榴弾や榴散弾砲撃と統制された銃撃で突進を止められ、やがて壊乱するとドマンヴィル方向へ撤退して行きました

この時には普第22師団前衛がベニョーに迫り、1個中隊を部落に残した普猟兵第14大隊は戦闘のクライマックスに戦線へ加入し、仏軍撃退に活躍したのでした

☆ 普第22師団の参戦 この日午前9時にティヴェルノンで大公軍命令を受領した第22師団長、フォン・ヴィッティヒ少将はベニョーに向けて行軍しますが、リュモーでトレスコウ将軍が戦闘を開始したことを知ると手持ちの砲兵6個中隊を順次リュモーの東側丘陵へ送って戦闘に関与させました

その後、普第44旅団をオヌー(リュモーの東南東1.3キロ)の方向へ前進させ、普第17師団の諸隊と協力して後退する仏軍の追撃に当たらせました