おそ松さん パチンコ 保留

おそ松さん パチンコ 保留

まるで耳の穴の中に長い甲鉄の針を差し込まれ、そのまま反対側まで貫かれてしまったのではないかと思ってしまうほどの痛み

あなたも好きかも:少年チャンピオンコミックス ブラックジャック
反射的にうずくまりながら両耳を手で塞ぐけど、そのハミングは消えてくれない

 むしろ、どんどん大きくなっていく

両手をすり抜けて頭の中へと入り込んでいく少女の歌声が弾丸の跳弾のように反響し、頭を内側から抉り取っていく

 やがて、鼻血が流れ始めた

鼻を押さえようとして片手を耳から離したけど、その離した手の平はもう既に血で真っ赤に染まっている

 その血が耳の穴から溢れ出た血だと気付いた頃には、もう平衡感覚がなくなっていた

あなたも好きかも:月光晶 カジノ
仲間を追いかけようとしても立ち上がれない

どうすればバランスがとれるのか、理解できなくなってしまう

「あ………あぁ……い、痛い……やめて……やめてぇ………っ!」 隣にいたラウラも俺と同じ状態だった

鼻血を流し、両耳から出血しながら必死に耳を手で塞ぎ、目を瞑りながら激痛に耐え続けている

 くそ、何なんだ? 何でみんな気付いてくれない!? 痛い………! あ、頭が――――――――

 かつて、ある1人の青年がいました

 彼はとてもまじめで、家族思いの青年でした

高校を卒業してからは県外の企業に就職して会社員となり、給料やボーナスが出れば必ず実家の両親や高校生の弟へと仕送りをするようにしていました

 ある日、残業を終えた彼は会社の帰りにスーパーに立ち寄ることにしました