パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴 エンタライナ

パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴 エンタライナ

 シャンガルニエ 憂国の情に高ぶるシャンガルニエ将軍は敵将カール王子に対し、「セダンの休戦協定同様のものは当方としては受け入れ難い

また、休戦成立と同時に糧秣をメッスに搬入することを許して頂きたい」と要求し、「この要求が容れられないならばライン軍は武器弾薬を保持したままメッスを後にするので、アルジェリアまで自由に退去出来るよう手配願い、その場合にはライン軍は今次戦争にこれ以上関与しないと約束する」と堂々と要求を突き付けました

 カール王子は老将軍の熱弁を礼儀正しく黙って聞いた後、「それは一切認められません」と述べると席を立ったのでした

あなたも好きかも:メモリ スロット マザーボード
今度はエルネスト・ルイ・オクターヴ・クール・ドゥ・シッセ将軍(第4軍団第1師団長)が会見を求めて使者を送り、カール王子は軍参謀長のフリードリヒ・ヴィルヘルム・グスタフ・フォン・スティール少将を対応させると、二人の将官はフレスカティの城館で会談することとなります

 開城の条件を聞きたいと話すシッセ将軍に対しスティール将軍は「貴軍とメッス要塞は共に無条件で我が軍門に下らなければならない」と厳しい表情で話し、「メッスは直ちに開城し、貴軍はセダンにおける仏軍と同じ条件で降伏し、武器弾薬金品は残らず我らに納めなくてはならない」と冷たく断じました

 シッセ 独攻囲軍側の情け容赦ない「無条件降伏」要求は、バゼーヌらメッス籠城の将星たちの最後の望みも打ち砕きます

 10月26日

最後となるライン軍将官会議が開催されます

 将軍たちは殆どが「万事休す」と考えており、ほんの数人が最後の抵抗(と言っても引き渡すべき武器弾薬を破壊し使用不能にしてしまう様なサボタージュですが)を訴えますが、これに対し砲兵将軍のソレイユは「そんなことをすれば軍が無秩序を喧伝してしまい、軍が最後まで名誉を重んじるのであれば全ての運命を受け入れるべきだ」と一蹴するのでした

 会議の結論は「独軍の要求を受け入れ降伏する」という完全な敗北容認でした

 フレスカティの城館 今度の使者にはバゼーヌとは「馬の合わなかった」軍参謀長のユーグ=ルイ・ジャラス将軍が立ちます

あなたも好きかも:マネーロンダリング方法
ジャラス将軍はフレスカティ城館にスティール将軍を訪ね、「名誉ある降伏」であれば無条件降伏を受けることを告げます

あなたも好きかも:パチンコ 八潮
 翌27日朝から降伏協定の確認が行われ、ライン軍将兵は全て捕虜となり、士官は帯剣、兵士は武器携行を許されたままメッス要塞から出城行進することが認められました

他にも要塞にある一切の武器弾薬物品は、原形を留めたまま独軍に引き渡すことが確認されます