パチンコ ロボコン

パチンコ ロボコン

つまり、セツナがおぶったのだ

ミリュウは恥ずかしがったが、疲れ果てた彼女が方舟で休んでくれないというのであれば、そうやって少しでも休んでもらうよりほかなかった

ごくわずかな距離だが、ふらふらと歩くミリュウにはきつそうに見えたのだ

その点、セツナはまっすぐ歩けている

「あたしは平気だってば!」 セツナに背負われた状態が気恥ずかしくなったのだろう、ミリュウが彼の背後で暴れた

ミリュウの体は決して軽いわけではない

あなたも好きかも:スロット ファフナー ウルド
身の丈があり、筋肉を備え、さらに脂肪分もたっぷりだ

背に当たる柔らかな感触は、彼女の豊満な胸のそれなのだ

しかし、セツナもそれ以上に鍛え抜いている

いまではミリュウくらい軽々と持ち運べたし、なんの苦痛もなかった

「んなわけあるかよ」「なんでよ!?」「俺が擬似魔法の消耗の激しさを知らないとでも?」「それをいったらセツナだって――」「俺はいいんだよ、俺は」 セツナがにべもなく告げると、きつく耳たぶを引っ張られた

あなたも好きかも:クロちゃん ヒロ パチンコ
大声が響く

「よくないわよ!」「そうよ、よくないわ」「そうだよ、お兄ちゃん」「そうでございます、御主人様」 ミリュウの悲鳴にも似た叫びに呼応して、ファリアたちがつぎつぎと攻勢に加わってくるが、セツナは涼しい顔で先を進む調理人に話を振った

「いいのいいの

なあ、ゲインさん?」「は、はあ……」 ゲイン=リジュールは、突如話を振られ、困惑しきった顔をした

彼としては、女性陣を敵に回したくないという想いがあるのだろう