北斗の拳 スロット 天 昇

北斗の拳 スロット 天 昇

 壁に掛けている呼び出しのベルが鳴り、優樹はうつろな表情のままそれにのんびりと近寄り、「……はい」と対応した

《優樹様、ご友人の山口洋一様が東門にいらっしゃっていますけど、いかがなさいますか?》 夜も更けている

帰ってもらった方が……

と、気配を滲ませる警備の声に、優樹は間を置いて「……向かいます」と答え、上着を羽織って部屋を出た

 ――なんの用かはわからない

何を話したらいいのかもわからない

 屋敷を出て、距離のある門まで一人歩いている間も何も考えることはなく

あなたも好きかも:r2 スロット
 無意識だった

あなたも好きかも:化物 パチンコ 評価
 無意識に、会わなければ、と思った

あなたも好きかも:阪南市 パチンコ 開店
 門の警備員に「……ご苦労様です」と挨拶をすると、勝手口を開けてもらい、そこから外に出た

扉を閉め、辺りをゆっくりと見回した優樹は、間を置いて、少し離れた街灯の下に立っている洋一に近寄った

一度も家に帰っていないのだろう

鞄も制服もそのままだ

 洋一は背もたれていた街灯から離れ、近寄って来る優樹を見て少し笑みを溢した

「……よ」「……うん……」 互いに少し笑みを向け、街灯の下、そこに立ったまましばらくして目を逸らした