パチンコ daiwa

パチンコ daiwa

 あ、でもまたレナに遭遇したらどうしよう……………

その時は全力疾走で逃げるべきだろうか

 そう思いながら洗面所で歯を磨こうと思っていたその時、いきなり部屋の入り口にあるブラウンのドアが開き始めた

ナタリアが忘れ物でもしたのだろうかと思いつつ後ろを振り向いたが、ドアの向こうから姿を現したのはツインテールが特徴的な金髪の美少女ではなく、幼少の頃からずっと一緒にいる愛おしい腹違いの姉だった

「ああ、おかえり

遅かったじゃないか」「えへへっ、ごめんね

帰りに魔物の群れと遭遇しちゃって…………」「魔物の群れ?」「うん

ナイフで蹴散らせたけどね」 ここから街までの中間に広がるのは、ただの砂漠である

その砂漠にも多くの魔物が生息しており、砂漠を行き交う商人たちや騎士団の部隊が襲撃される事例は後を絶たない

 実際に、タンプル搭の外周部にある検問所では、明らかにタンプル搭を狙っていると思われる魔物への発砲の件数が徐々に増加しており、現場からはより多くの弾薬と機関銃を欲しがる要望も届いている

あなたも好きかも:4 号機 打てる 店
 街で買ってきたのか、小さな袋を手にしながら部屋の中へとやってきたラウラ

あなたも好きかも:ささみ さん スロット
彼女の服からは確かに血の臭いがして、ナタリアが作ってくれたカルボナーラの残り香を台無しにしていた

あなたも好きかも:スロット 1回転 何秒
鉄にも似たしつこい臭いには嗅ぎ慣れているつもりだけれど、いくら隣り合わせの臭いとはいえ、こういうリラックスできる空間まで一緒というのは嫌なものだ

ラウラもあまり好きな臭いじゃないのか、自分の服についた臭いを嗅いであからさまに嫌そうな顔をしながら、着替えを取ってそそくさとシャワールームへと向かう

 そんな姉の姿を見守っていたんだが――――――――彼女の服からする血の臭いの中に、更に微かな香水の匂いがしたような気がした

 ちなみに、俺の嗅覚は常人以上だ