ゴッドイーター スロット at

ゴッドイーター スロット at

そして袖を掴んでいた手を移動させ、アルテアの手をわしっと掴んでみた

この手は、素晴らしい料理を生み出す神の手なのである

「では契約だ

……お前の言葉で俺を望め

あなたも好きかも:パチンコ オンライン ゲーム
俺が必要だと、使い魔になって欲しいと望めば、俺はそれに応えてやる」恐らく意図的にネア達を隠すような位置に立ってくれているダナエの影で、アルテアは腰に手を回してネアをぐいと引き寄せると、睦言のように甘く囁く

その暗さに怯みそうになりかけ、ネアは構って欲しい時にじっとりとした目でこちらを見ている白けものやちびふわを思い出した

(これは多分、その種の暗さと鋭さでもあるのだ…………)荒ぶりがちなディノだけでなく、ノアも時折、構ってくれないと不貞腐れて魔物らしい暗い目をすることがある

それは噛み付きはしない魔物達なりの、不安や孤独を訴える為の唸り声のようなもなのだろう

甘えて鳴く愛玩動物とは違い、この生き物達はこうして牙を剥いて唸ることがある

あなたも好きかも:ビビッドレッドオペレーション スロット やめどき
「使い魔さんを得る為には、自分の領域に落し込むことが必要な筈なのですが、ここで大丈夫なのですか?」「一時的にだが、お前の守護の要素を足元に広げてやっているからな」そう言われたので、ネアは安心してその赤紫色の瞳を見上げた

「…………アルテアさんには、今日からまた私のものになって欲しいですし、これからもずっと美味しいパイを作って欲しくて、仲良しでいたいです

あなたも好きかも:ブラックジャック シャコガイ
また私の使い魔さんになってくれますか?」ネアは、真っ直ぐに望むことを伝えてみた

するとアルテアは、なぜか片手で目元を覆ってしまうではないか

「……………むぐる

言わせておいて断る系の嫌がらせ行為なら、許しません」「……………お前な……

契約で食べ物を強請るのは、求婚並みの要求だぞ?」「むむ

………しかし、美味しいものをこれからも献上して欲しいので、この際世の中の定型はぽいしましょう