大阪 府 パチンコ 店

大阪 府 パチンコ 店

同時に追撃してきたバウスマーの軌道を完璧に読み切った俺は、先ほど同じようにそれを微かにかわして、身体を捩りながら二刀での何千回もの斬撃を一気にバウスマーへと放つ

俺の斬撃の余剰なエネルギーが衝撃波になり近くの数百メートルほど離れた浮遊島が二つほど崩れ落ちて、土塊になり地上へと落ちていく

バウスマーいつの間にか、俺の右足を掴んでいて「まず、一本といったところか」と言った瞬間に、とてつもない激痛が走って闘気に纏われていた右足の太ももから先が、塵となり消えた

だが、俺は闘気を右足の形に瞬時に伸ばして再生し、中身のないその闘気だけの足と残っている左足で、数百回、バウスマーの金髪から角の生えている頭を踏みしめるように猛烈に蹴りまくった

あなたも好きかも:パチスロ コードギアス 画像
「かゆいな」そう、バウスマーは言うと左手から、虹色に光輝く炎を放ってくる

ガードしようとして、咄嗟に回避に切り替えバックステップで宙を十数メートル避けると微かに炎に当たっていた、旅装の右腕のひじの部分が塵となり消えていく

あなたも好きかも:ブァルブレイブ パチンコ セグ
どうやら、バウスマーの根本的な攻撃能力は物質を分解することのようだ

それに加えて、空間移動と、高い防御力か……

討つ手が無いように見えるが何となく俺は、このどうしようもない局面を打開できるような、微かな気配を感じてそれに賭けてみることにする

ここまで来て、怖気づいている暇はない

それからしばらく、俺とバウスマーはお互いの何十万発と言う攻撃を避け合って相手の隙を待つということを続けた

お互いに隙が無く、堂々巡りになると「完成されすぎていて、つまらぬな」とバウスマーが呟いて同時に近くの広さと高さ数百メートルの浮遊島が、三つ纏めて、こちらへと猛烈なスピードで飛んできた

重力操作だな

と俺は冷静に鞘ソードで石刀鈴中の闘気で出来た刀身を思いっきり周囲に放射させて、グルグルと回して虹色の闘気で出来た壁を造る

次々に飛んできた浮遊島が轟音を立ててぶち当たり、崩れていき、辺りに土埃と土塊が舞う

それを目くらましにして、バウスマーは俺の身体を掴もうと、斜め下に空間移動してきた