マタドール スロット 設定判別

マタドール スロット 設定判別

このソライドがどれほどの実力者かはわからないが、メリーアの反応からして彼女より危険なのだろう

ついでに言えば先の手段から不審な者を見つけ出す場合、ホルステアル商会から離れた護衛達を監視する手段が必要となる

なら近くにソライドの部下や仲間が潜んでいる可能性も十分に考えられる

「……メリーア、この胡散臭そうな男は誰だ?」「あ、えっと、その……」「ホルステアル商会、その護衛をしているソライドって言うんだ

あなたも好きかも:安藤遥 スロット
そういうことにしてある」「なるほど

こんな胡散臭い奴に目をつけられたんじゃ、回り道をしながら帰りたくなるわな

おい、ソライドだったか?『俺』の冒険者仲間にちょっかいを出してくれるなよ

こいつには恋人がいるんだ

下心があるなら諦めろ」「……ふぅん?」 メリーアはこちらの思惑を察してくれたのか、それとも困惑しているのか……半々かな

とりあえずこのソライド、まだ確信を持っているという感じじゃない

誤魔化しきれるならそれに越したことはないだろう

少なくともミクスが合流できるまでの時間は稼がなくてはならない

あなたも好きかも:ブラックジャック 単行本 種類
 手っ取り早いのはクトウに命令して魔力の波長なりを飛ばしてミクスに異変を気づかせることだ

だがこれは最終手段、『紫』の配下である悪魔、クトウの存在は相手にとっては確信するのに十分過ぎる要素だ

「違うとでも言いたそうな顔だな」「そりゃあそうだよ

俺の用事があるのは君だ

いや、君なのかな?」「……そういう輩か

そんなに純粋な亜人の一族が珍しいのか?貴族ならそれなりに純血を維持している連中だっているだろうに」 黒狼族は他の亜人と交わらずに純度の高い血筋を保持している

珍しいと言えば珍しいし、血統を意識する亜人が興味を抱く対象にはなる