4日 スロット イベント

4日 スロット イベント

こんな機会ないでしょ?」「……なんでオレじゃなかったんだ……」 俯き悔しそうに呟いた相川を、みんながじっとりとした目で見つめる――

 少年は少し吹き出し笑うと、準備を再開しながら相川に笑い掛けた

「じゃあ、今度はあなたと繋ぎますね」 優樹は「やめて!!」と目で訴え、「よしっ!」と目を見開いて強く頷いた相川の後頭部を勝則がバシッと叩いた

あなたも好きかも:ギャンブルアプリ 換金
「まあ、そんなにむきにならないで

大食い競争って感覚で挑んでください

じゃないと胃を壊しちゃいますしね

あなたも好きかも:パチンコ 平和 社長殺人
時間制限もないですし、のんびり食べてもらって構わないんですから

楽しく会話でもしながら鍵を探しましょうよ」「途中で休んでもいいの?」 加奈が首を傾げて問い掛けると、少年はお茶を用意しながら笑顔で頷いた

「もちろんです

マイペースで食べてください

……あ、飲み物はお茶でいいですか? 他に何かあるなら買ってきますけど?」 問い掛けるが、みんなは複雑そうな顔で首を振る

少年は「そうですか」と、再び笑顔で準備を進めだした

「……ワケわからん」 大介が眉間にしわを寄せ、胸の前で腕を組んだ

あなたも好きかも:パチスロ プログラム解析
「なんや……ただ食うだけかぃ」「……みたいね」 生美は鼻から深く息を吐き出し、鞄の中を探ってヘアゴムを取り出した

「お餅の中の鍵さえ見つければいいんでしょ? だったらお餅を半分にして」「食べないと罰ゲームがあるんだと」 洋一にじっとりとした目で遮られ、生美は「……はあ」とうんざりしたため息を吐きながら髪の毛を束ねて後ろでまとめた