最高負け額 スロット

最高負け額 スロット

あいつ心まで雑魚だから 寂しがってるだろうな」「お前な……いい加減、名前覚えてやれって……あと雑魚はやめてやれ」と言って、ふと思い出す

「あ、そうだ

悪いけど、ルード連れて行ってもいいかな?」あぶないあぶない

予知書を破り捨てたキクマの衝撃で吹っ飛んでいて一番大事なことを忘れていた

「……うん!!ルードが居ないとちょっと不安だけど、もう大丈夫だと思う

あなたも好きかも:スーパーブラックジャック2 リセット
 ルードもお兄ちゃんたちの頼みをきいてあげてね」「ワンッ!!」ルードは吼えて了解した

セイも何故か吼え真似をしようとして「わ、ワヌッ!!ぐぬぬ、意外と難しいな……負けんぞ……」「ありがとう

どうしてもルードが必要でな」「ワムッ!!お、なんか上手くなった」「あのなぁ……」台無しである

「さ、話が終わったならタカユキ、ワンワン、行くぞ

 セイ様とっとと、火国で旨い酒を飲みたいんだ」セイが馬車の窓を全開にして、さっそく出ようとする

あなたも好きかも:無料 海物語 桜 パチンコ
俺はため息を吐きながらセイの手を握りマサヨシに「というわけで、また後でな

必ず向かうからな」「うん!!タキユウで待ってるよ!!」窓から抜け出したセイの翼を羽ばたかせて、飛び立つ俺も窓枠に身体を当てながら、何とか手を離さない様にして空へと舞い上がった

あなたも好きかも:パチンコ データロボとは
さらにルードが馬車の窓から飛びだして、空中で火の玉になりセイの後ろから付いてきた

流れ人の筋力で飛んでいるセイの腕を伝って背中へとのぼる

「あー酒だー酒だー♪みみっちいド田舎のクソしょぼい事件をー♪ セイ様の煌く頭脳で解決して酒だー♪」暴言に酷い音程をつけて歌っている、上機嫌のセイに辟易しながら後ろを振り返ると、しっかりと火の玉になったルードがついて来ている