スロット ロスト アイランド 2

スロット ロスト アイランド 2

 このように、現在の文学小説は海外を視野に入れないと出版にすら漕ぎ着けないようになっています

ライトノベルの国際化 ここで問題になるのは、このコラムを読んでいるライトノベル志望の書き手が目指すべきは海外なのかです

 ライトノベルが原作のアニメでも海外でウケている作品はあります

あなたも好きかも:パチンコ ライター 求人
谷川流氏『涼宮ハルヒの憂鬱』、渡航氏『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

』など「ラブコメ系」の作品です

あなたも好きかも:シュタゲ スロット レビュー
日本では一大勢力を築いている「異世界系」は海外での評価が総じて低い傾向にあります

あなたも好きかも:パチンコ 経済効果 試算
 であれば世界を目指すうえで「異世界系」を排除して「ラブコメ」で挑む選択肢がひとつ

 もうひとつはあえて不人気の「異世界系」で世界に戦いを挑む選択肢です

 しかし現在あれだけの「異世界系」作品がありながらも、海外ではまったくヒットしません

それでも「異世界系」で戦いを挑むなら「ラブコメ」要素を入れるしかないでしょう

 そもそもライトノベルの「異世界系」はたいてい「中世ヨーロッパのような」世界観なので、「なぜ日本人は中世ヨーロッパがこんなに好きなのだろう」と世界中から不思議がられています

 海外ウケする文学小説は、いずれも(その当時の)現代日本を舞台としているのです

「中世ヨーロッパのような」世界観は一作もありません