パチンコ ハチワンダイバー スペック

パチンコ ハチワンダイバー スペック

「秘密です」「何それーっ」 拗ねて頬を膨らませると、生美は前を進み、笑顔で振り返った

「優樹自身が気付かなくちゃいけない事よ」「えーっ!?」「早く気付いて欲しいモンだわね」「そ、そんなーっ

なんの事だか全然わかんないのにーっ」 いじけて追い掛け、「教えてよーっ」としつこく迫ったが、生美は笑っているだけで決して口を割らなかった――

 優樹はムスッと拗ねていたが、校舎に入り、新聞部部室に近付くと「……ふう」とひと息吐いた

 気持ちを整えている、そんな優樹に生美は苦笑した

「なあに? 緊張してるの?」「ん? んー……緊張、って言うか……」 優樹は、渋い笑みを溢した

「あそこの部長さん、……んー、……生美ちゃんも会ってみたらわかると思う」 言葉を濁されて生美は首を傾げたが、新聞部に着き、間を置いてドアをノックした

すぐに中から「はーい」と女生徒の声が聞こえると、ドアの磨りガラスの向こうに人影が近寄ってきてそこが開いた

「いらっしゃーいっ

あなたも好きかも:パチンコ システム変更
やっと来たわねっ」 笑顔で美代子が現れ、その彼女の背後でも「こんにちわー」と他の部員たちが顔を覗かせて迎えてくれた

あなたも好きかも:4日 パチンコ イベント
愛想のいい部員たちに生美はキョトンとし、少し苦笑する

「そろそろ来るんじゃないかって待ってたのよ