pciバス・スロット

pciバス・スロット

 ノアの言葉を聞いて、目の前の老人がカツラを取ったことで、ようやくオレにもわかった

 本当にカロンロダニアだ

髪型が違うだけで、結構変わるのだな

「カロンロダニア様が、御者をされるのですか?」 さすがに不味いだろう

 そう考えての質問に、カロンロダニアが笑う

あなたも好きかも:新 パチンコ ヤッターマン
「変装の趣向であろう? では、私も今日は御者として参加してみたくなってね

あなたも好きかも:パチスロ 政宗
頑張ってみたのだ

このまま帰るのは寂しくてね、許して欲しい」「まま、いいじゃん

じゃ、そういうことで出発」 カロンロダニアが頭を下げたのを、ミズキが軽く流して馬車に飛び乗る

 確かに、本人がいいならいいか

 ミズキに続いてオレが飛び乗り、皆が続いた

 ノアは御者をするカロンロダニアの横に座った

「では、出発する」 カロンロダニアの掛け声と共に馬車は進み出す

 内装は立派だけれど、この人数ではやや手狭だ

天気も良いし、たまにはこんなのも悪く無い

 窓を開けると、ひんやりした風が入ってくる

 今日は良い天気だ

空に広がる巨大魔法陣……天の蓋が少し邪魔だが、青空が綺麗だ

 天気が良くて本当に良かった……