花の慶次 スロット 初代

花の慶次 スロット 初代

「ハンネローレ様、儀式を!」「はい! ローゼマイン様、中心はお任せいたします」「あの、わたくし、舞えませんよ!?」 いきなり役割を振られて、わたしは目を剥いた

けれど、ハンネローレは自分の定位置に向かいながら微笑んで流す

「舞う必要はございません

初めての時と同じで結構です

中心で士気を上げるのにローゼマイン様以上に相応しい方はいらっしゃいませんもの」「おおおぉぉぉ! ハンネローレ様のおっしゃる通りだ!」「ローゼマイン様の祝福をこの身で受けられるぞ!」「ダンケルフェルガーの古い儀式を正しく蘇らせたエーレンフェストの聖女!」 確かに今回のディッターの扇動者はわたしだ

あなたも好きかも:カバン屋とは パチンコ
国境門を使って彼等の熱気をさらに上げたのもわたしだ

あなたも好きかも:シンガポール セントーサ島 カジノ
「儀式より早く行こうよ」と言いたいけれど、ダンケルフェルガーではディッターの前に儀式を行うのが当たり前で、祝福は得ておいた方が戦いでは有利だ

あなたも好きかも:ps3 パチンコ ゲーム
ここでわたしが尻込みして無駄な時間を使ったり、士気を下げたりするわけにはいかない

 ……逃げようがないのはわかるけれど、このノリ、何かおかしくない? ハンネローレから役を振られ、見学客からの歓声と周囲の期待の視線に抗えず、わたしは境界門の屋上の中心に立った

 ……うぅ、祝福しすぎに注意だね

 ダンケルフェルガーの騎士とわたしの側近達がざっと輪になるのを見ながら、わたしは一つ深呼吸をして「戦いに臨む我らに力を!」とシュタープを掲げる

「ランツェ!」 わたしのシュタープがライデンシャフトの槍に変化する

それを合図に騎士達もシュタープを槍に変化させた

ダンケルフェルガーの騎士の中にライデンシャフトの槍を握っている者が数人いるのは見間違いではないようだ

「我は世界を創り給いし神々に祈りと感謝を捧げる者なり」 槍が一斉にドンと大地に打ち付けられた