リング スロット 終焉 天井

リング スロット 終焉 天井

既に城の大きさなどは既に超越しており、小さな山程度の大きさになっていた

「ふむ……どんどん巨大化していく……さっさと沈めなければ少々厄介になりそうだ……」 ベヒモスの肉体を破壊しつつ、その身体が大きくなっていくのを感じるエマ

「そうだね……

あなたも好きかも:垂水 パチンコ屋
……けど、イマイチダメージが通っているのか……」 レイはエマの言葉に返す

しかし斬っても斬ってもベヒモスは巨大化する為、中々手応えを感じ取れない様子だった

「まあ、確かにダメージはあるのだろうが……如何せん巨大化するに連れてその傷が小さくなるからな……普通は広がるんじゃないかと思うが……どういう訳か少し回復しているようだ

あなたも好きかも:アミューズメントパーク パチンコ
……元々レヴィアタンと一つだったらしいからな……不死身の性質が少しはあるのやもしれぬ……」 そのような会話を広げつつ、ベヒモスの傷口を広げるレイとエマ

手応えをイマイチ感じていない様子の二人だが、ダメージはあると考えて攻撃を続ける

「"雷《サンダー》"!!」「ウ……"水《ウォーター》"……!」「なら……これで!」 フォンセは魔術同士を織り交ぜて雷を創り出し、リヤンはその雷を通す為に水を放つ

あなたも好きかも:蒼穹のファフナー スロット 中段チェリー
 取り敢えずベヒモスの皮膚を貫通させる事を優先したキュリテは"フォトンキネシス"を使い、光を集めてレーザーを放出させた

『グルォォ……』 しかしそれを諸に受けたベヒモスは低く唸るだけで、それらの攻撃を意に介していない様子だった

 その耐久力はかなり厄介なモノとなっているだろう

レイたちの攻撃を受けても尚、この状態を保てる生物はそうそう居ないのだから

「巨大化に伴って力と耐久が上がる……か

……これは本当に骨が折れそうだ……!」「そうだねー……

レヴィアタンと対になるってくらいだから……今のうちに倒さなくちゃ……私たちが殺《や》られちゃうかもね」「うん……